人間・ジェラールプーレの唯言

【人間・ジェラールプーレの唯言】

・プーレの原点は、ここにある。

 

ドビュッシー「ヴァイオリン・ソナタ」の初演(1917年5月5日)から、21年。
1938年にジェラールは誕生する。
それから78年の人生を歩み、いまも尚現役のヴァイオリン奏者として、
フランスと日本を中心に世界で活躍中である。

そんなジェラールプーレが最も大切にしていることのひとつに、
「教育」がある。

音楽的に、そして、人間として。

そして、もうひとつ。

ヴァイオリンを通じて自らが先人の巨匠たちから受けた教育と、
膨大な数のコンサートや国際的なキャリアを積んだことで得た経験。

 

世界的にも「フランスのヴァイオリン界の至宝」とまで呼ばれるジェラールプーレの教育論。
そして繊細で時に感情的な表現で魅せるヴァイオリンの奏法。

 

それらを「肉声」で語ってもらった。

 

すべてのヴァイオリニスト、いや、音楽ファンにとって、
とても有意義な内容となっている本コンテンツは、
期間限定でアッコルドにて展開していく。

 

 

・プーレならではの、唯一の言葉

 

本コンテンツの重要な柱。
それはジェラール自ら、時に優しく時に激しく語る「生の言葉」だ。

 

それは、演奏会のリハーサル時、エコールプーレのレッスン時、マスタークラス。
カフェやホールでのコンサート会場。
その時々に見せる自然な表情と、語りかける言葉たち。

 

それらをドキュメンタリーとして、ただただ見つめ聞いてきた。
もちろん、ヴァイオリンの音色とともに、その瞬間の空気とともに。

 

音楽家。
とりわけ優れた奏者であり教育者であるジェラールの日常と、思考。
これらを、彼の周囲にいる友人・弟子たちにも、
その人間性や受けて来た影響を語ってもらっている。

ジェラール本人の、伝えたい気持ちとともに、
それを裏付ける愛すべき仲間の証言を記録した。

ファンならずとも、
次世代の演奏家、音楽界、そしてすべての方の“人生”に役立つ、
珠玉の言葉たちを、ドキュメンタリーとしてまとめていく。

・今後公開予定のコンテンツ

 

『ジェラールプーレのワンポイントレッスン(動画)』
『ジェラールプーレ・エピソードコレクション(ドキュメンタリー・仮題)』

アッコルドのSNS
  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon
  • YouTube Social  Icon